『フードデリバリーイメージ 』ストックフォト撮影

オーストラリアの国境は固く閉ざされています。じわじわと第二波とも思える感染者の増加が見られますので、国境が開くのはまだまだ先と思われます・・・。

私のお客様は日本からの方々が多かったので、それはもう大打撃ではあるのですが、こんな時にはじたばたしても仕方ないので、心穏やかに、毎日美味しくご飯が食べられることを幸せに思いながら暮らしています。

ロックダウン中は撮影自体ができませんでしたが、規制緩和がされましたので、新しいストックフォトの撮影もぼちぼち始めています。

今回は、『フードデリバリー 』をテーマにしたもの。

小物が必要になるテーマです。まずは、自転車、ヘルメット、そして大きなバックパック!!例の四角い大きなものですね。

やっぱり、一目見てフードデリバリーシーンだと分かるということが大切ですので、これは外せないな・・・と、80ドルくらいしてしまったのですが、購入をしました。

お願いしたのは、何度も撮影させてもらっているモデルさん。

毎回、テーマをリサーチして来てくれて、衣装を考えてくれたり、提案をしてくれたりするので、本当にありがたいです。

そして、とても可愛らしくもあり、爽やかさもあるので、撮っていて楽しいのです!

当日は、バックパックにカメラ二台、長いレンズ2本を入れて、完全にウーバーイーツの配達員の格好で自転車にて待ち合わせ場所に向かいました。

これがまた、バックパックだけでもかなりの重さで肩に食い込み、撮影前にすでにげっそり・・・。

ウーバーイーツの配達員さんを見る目が変わりました。いつもありがとうございます・・・。

そして、無事に撮影した作品がこちらです。

爽やかな感じから、真剣なカットも!そして、私が気に入っているのが下の一枚です。

これからフードデリバリー の仕事も、新しい働き方として定着して行くのではないでしょうか。

コロナでなかなか広告などに使う撮影が企画しにくい場合もあると思います。

そんな場面で、ストックフォトがもっと活用されると良いな〜と願って止みません。

私が細々と続けているストックフォトはこちらに置いてあります。
アマナイメージズ
https://plus.amanaimages.com/items/search/@Emi_Komagata?item_type=all&whole_price_zones=true

Share