友人アシスタントさん帰国記念撮影

彼女が私に撮影に同行させてもらえないかとお願いして来たのは、今年の2月くらいのことでした。

息子のクラスメイトのママさんとして出会い、彼女がクラス委員になった時に、前任の私に色々と質問が来るようになり、そのきっかけで話すようになりました。

最初に挨拶を交わした時の印象は、『美人だな〜〜!でもなんだか冷たい印象で近づき難いかも・・・。』でした。笑

でも、業務連絡的なこと以外に色々と個人的な話もするうちに、とても正直で誠実な人だということが分かり、少しずつ仲良くなって行きました。

そして、ある日突然『撮影に同行したい』と言い出したのです。笑

今までも、見ず知らずの人たちなどから、『アシスタントをして学ばせて欲しい』『撮影に同行させて欲しい』と連絡をいただくことはありました。

私で何か役に立つのなら、と思いつつも、なかなかOKすることができませんでした。

海外駐在生活がかなり長く、日本に本帰国になった時にまた新しい生活がスタートする彼女。

同い年の私の仕事場に来て、何か刺激を受けたいということでした。

彼女はお客様に失礼をするような人ではないことは分かっているし、気配りは私よりもできるはず。彼女のこれからの役に立てるなら!よし、お客様に伺ってOKをいただけたら同行してもらおうと思ったのです。

そしてそして、お客様からのOKをいただいて一発目の仕事が、なんと!!!一生忘れられない撮影となった、大嵐の中の日でした!!!!

水も滴る良い女となった彼女。いきなりこんな目に逢い、もう二度とごめんだ!となってもおかしくないところ、とても楽しかった&刺激になったということで、その後もお願いすることになったのです。

その後に同行してもらった案件は、還暦記念も兼ねたフォトウェディングのお客様、奥様がボディービルダーのお客様、帰国される駐在さんの家族写真撮影、そして、先日のビーチサンセット撮影です。

そして、コロナで延期になっていた彼女の本帰国がついに決まり・・・。

最後の最後、帰国の日の2日前に一人でポートレートを、と仕事として撮影を依頼してくれたのです。涙

彼女の相棒だったレフ板を自分に向けて。笑

全く観光客がいないので、この人気撮影スポットも貸切です!!!最高!

どんどん撮影が楽しくなってきてくれたようで、背景の水面と一緒に笑顔もキラキラとして来ました!!

他にも色々撮ったのですが、こちらでは私が個人的に好きだったものを紹介させていただきます〜(本人からの許可はもらっています)。

私の写真、そして仕事をしている姿が好きだと言ってくれて、これからも撮影を続けて行こう!!とたくさん力をもらいました。

さりげなく支えてくれる事が多く、男性が結婚を決意する瞬間ってこんな感じなのかな・・・と思ったりしました。笑

いやいや、彼女も日本で自分の好きな事、得意な事で人の役に立てる分野に思い切って飛び込んで活躍して欲しいです!!

たくさんの気付きや思い出を残してくれて、感謝しても仕切れない気持ちです。

とにかく、素直に気持ちを言葉にできる人でした。

「ありがとう。」「会いたい。」「好きだよ。」とか。

言わなくても分かってるでしょ、と思ってしまう場面が多い訳ですが、伝えられる時にきちんと言葉にして伝えておくという事も大切だと気付かされました。

何度照れて「彼氏かよ!!」と言ったことでしょう。笑

彼女もそうだと思うのですが、私も色々な国を旅して、色々な出会いがあり、たくさんの別れも経験してきました。

縁があれば絶対に会えるから、寂しくない!!と、思いながら乗り越えてきました。

実際に再会できた人たちもたくさんいます。

でも、こんな風に同じ土地に住んで、いつでも気軽に会えていた感覚では会えないことは現実なのですよね。

彼女のことはもちろん、今まで経験した別れをたくさん思い出しながら、みんな元気にしてるかな・・・と思いながらこれを書いています。

↓日本に到着してホテルで2週間隔離が始まった友人に送ろうと編集しているショートムービーです。こんなのが簡単にiPhoneで編集できるなんてすごいな〜。

Share