フランス・トゥールでの結婚式撮影

色々な国に一人旅をしていた独身時代。

パリに一ヶ月滞在中に知り合ったフランス人の友達が、パートナーと結婚式を挙げるから、ぜひ私に写真を撮って欲しいと申し出てくれました。

さすがに、シドニーからヨーロッパは遠いし、無理かな・・・と思っていましたが、こんな機会もなかなかないと思い、行って来ました!

朝6:30に車で迎えに来てくれて、ヘアメイクの準備の撮影からスタート。

すっぴんからどんどん綺麗になって行き、支度が進んでいくのを近くで寄り添って撮影するフォトグラファーというのは、特別な役割なのだと改めて感じました。

仕上げにシュッシュッと。
おベンツで式場へ!
まずは、タイの伝統的なセレモニー。
タイ料理のランチの後、次のフランス式のセレモニーの前まで記念写真撮影など。
とってもノリの良い可愛いふたり。
お色直しでヘアサロンに行き、自宅でドレスにお着替え。
出発前に玄関でキスをしているふたり。こんなキスが一番ロマンティックだと思う。
式場へ出発!
みんなにドレスをお披露目して、くるっと一周しているところ。大好きな一枚。
新郎のお母様。
お父様と階段を上ってセレモニーに向かいます。
シティーホールで結婚すると聞いていたのですが、
これがシティーホール!!というくらいの豪華さ。さすがフランス。
幸せそうな二人。こちらまで笑顔になってしまいます。
みんなも笑顔で祝福!
普段は入れないというバルコニーを解放してくれました!
これも大好きな一枚。映画のワンシーンのようです。
ちょっと階段を独占して撮影。
シティーホールですよ。日本で言う市役所ですよ。素敵過ぎます。
みんなで紙飛行機を飛ばしたい!ということで。良いですね〜〜!!
本当におめでとう〜〜!!
そして、披露宴の会場へ。
新郎とベストマン。
新婦とご両親。ノリノリです。
披露宴も手作り感あふれていて、とても素敵でした。
みんなで灯篭を飛ばしました。
だいぶ良い感じになって来た友人。笑
そして、私は夜中の2時に撮影終了。宴は朝の4時まで続くのでありました・・・。

密着ドキュメンタリーのように一緒に移動をして、たくさんたくさん撮りました。

今まで出席したり撮影したウェディングとは違う部分がたくさんあり、おお!そこでそう来るか!!という瞬間もありましたが、汗だくで走り回って(笑)何度か着替えつつ、なんとか役目を全うできて、写真も喜んでもらえたので良かったです!

友人が幸せそうで本当に嬉しかったな。
本人の希望で子供達が写っている写真は公開できませんでしたが、2人のボーイズもとってもとっても可愛くて。

次の日に川のほとりで撮った家族写真もほのぼの〜でした。

やっぱり、ちょっと無理だと思えるようなオファーも、乗ってみると普段得ることのできない経験ができたりするものですね。

これからもどんどん乗って行きたいものです!!

Share